fuwariのしごと

メッセージオフィスfuwari(ふわり)では、取材と文章作成をしています。

文章は、WEBサイトで使うもの、パンフレットや冊子などの紙媒体で使うものなど、どちらへも対応しています。
資料等をもとに文章を作成することもありますが、基本的には「取材・ヒアリング」を行っています。

【伝わる文章】を作るための取材・ヒアリング

どんなに優れた商品・サービスを作っても、伝えなければ知ってもらえません。
多くの商品・サービスの中からお客様に選んでもらうためには「選んでもらえる伝え方」が必要です。

メッセージオフィスfuwariが大切にしているのは、
伝えたい相手やシーンに合わせて文章を作ること
商品・サービスの良さをただ伝えるのではなく、どう伝えたら受け手となるお客様がアクションを動かすのか、選んでもらえるのかを考えて文章を作ります。

そのために心がけているのは、
商品・サービスの背景を丁寧にヒアリングをすること
商品・サービスの良さはもちろん、商品・サービスの背景を知ることは「お客様に選んでもらう」ために重要です。ヒアリングを通して「こんな視点もあった」「そう言えば、こういうことがあった」と新しい発見があるかもしれませんよ。

取材・ヒアリングだけのご依頼も

「クライアントから、思いを引き出したい」
「ヒアリングをお願いして、デザイン制作に注力したい」

デザイン会社からのご依頼が多いことも、メッセージオフィスfuwariの特長です。
クライアントとクリエイターを繋ぐメッセーンジャーとして、丁寧にヒアリングをいたします。

ホームページ向けの文章も

企業はもちろん個人でホームページ(WEBサイト)を持つ人も増えています。
今やホームページは、会社の「パンフレット」や「名刺」のようなもの。仕事を頼みたいとき、就職を考えるとき、商品・サービスを選ぶとき、ホームページを参考にした経験はありますよね。

ホームページ(WEBサイト)用文章も「あれも書きたい、これも」とまとまらずにお困りではありませんか?

文章を書くときに、WEBサイト用でも紙媒体用でも、大切なのは伝わるようにすること。大きな違いはありません。

けれど、やっぱりあるのです、WEBサイト用に気を配るポイントが。

集客・売上アップを叶えるホームページにする方程式はないけれど、集客・売上アップにつながるポイントをおさえて「伝えたいこと」を尖らせるライティングをいたします。

WEBサイト用文章作成バナー

何をどう書くか?アドバイスもします。

fuwariは、文章作成をお仕事にしています。
でも実は、文章は、皆さん小さなころから書いてきていますよね?
「うまくまとまらないけど、自分で書いてみたい」と思う方もいらしゃるはず。そんな方のためにfuwariには「コンテンツアドバイス」というサービスがあります。

お客様の思いを聞きながら、何をどう書けばいいのかを整理して、ポイントをお伝えしていきます。

上手な文章の書き方とか、キャッチコピーの書き方など、いろんなHow to本がありますよね。読めば自分でもうまく書けそうだなと思っても、なんとなくスムーズにいかないこともありますが「文章はテクニック」じゃないんですよ。

「誰にでも書けます!」というのは、つまりテクニックじゃないよ、ということ。そのポイントをお伝えしていくのが「コンテンツアドバイス」です。

コンテンツアドバイスバナー

メッセージオフィスfuwariは、伝えたい相手へ伝わる文章作成、相手の心を動かす文章作成をしています。
お気軽にお問い合わせください。