クリエイターさんの仕事に学ぶ -「考える」前の仕事-

こんにちは、五宝です。

今日は「考える」という仕事について、です。

 

何かを作りだす時、あらかじめ方向が決まってないままスタートすると、あとで後悔します仕事には色々ありますが、

何かを創りだす時、実際に作業を開始するまでの間って

なかなか進まないことってありませんか?

何かをデザインする時、ブログの更新、提案書を出す時・・・。

大まかには、こんな感じかなぁと思っているけど、

なんだか作業にとりかかれない・・・みたいな。

 

スケジュールは決まっているので、「何か始めなくちゃ!」と手を動かし始めると、

色々とアイディアが浮かんできて、どんどん作業が進んでいくこともあります。

 

「この日までに終わらなきゃ、やばい!やばいヤバイ!!」とお尻に火がついての作業だと

あとから後悔することもあるので、注意が必要ですけれど。

 

小さな事でも大きなことでも、やっぱり

一番訴えたいことは、何か?をしっかり考えておくことって大切ですよね。

「ゴールを明確にすること」が、何かを創りだす作業では、時間をかけるべきところのように思います。

 

クリエイターさんたちの話

知り合いのあるクリエイターは、

「映画を観たり、ショッピングや展示会へ行ったり、外食したりするのって、絶対必要」と言います。

全然、仕事に関係ないものでいい。

でも、自分に「わぁ♪」という感動(本人は、刺激という言葉を使っていました)を、与えていたい、のだそう。

また、ある別のクリエイターさんは、

デザインを考えるために、どんなことを心がけている?という質問に

「んー。僕、買い物が好きです」と答えて下さいました。

買う、買わないは別にして、お店を色々と見て回るのが好きなんだとか。

 

手を動かしているか、考え事をしているなら机やパソコンの前・・・。

そういう姿は、誰の目から見ても「お、仕事頑張っているね」とわかりやすいけれど

平日の昼間に、街をぶらぶら歩いていたり、オシャレなお店でランチしていると

なかなか「お、仕事頑張っているね」とは、思われない・・・。

 

けれど、何かを創りだしていくクリエイターさんの多くが、そいういう体験は必要だ、と言うのです。

 

一つ一つの体験は、直接は仕事と関係ないのかもしれないですが、

体験と体験が重なって、新しいアイディアが生まれたり、

違う分野に触れることによって、考える視点が増えたりする。

 

「考える」という仕事のためには、自分の中の引き出しを増やしたり、

受け入れるキャパを増やしたり、感受性を豊かにするための経験を重ねることを

日常の中に取り入れていくことが、必要かもしれませんね。

2013-11-25 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment

コメントを書くにはログインが必要です